子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

ひよこクラブの撮影なのに、ほとんどアンパンマンミュージアムの話題。

以前一度お流れになったたまひよの読者モデルでしたが、すっかり忘れた頃に再度お声をかけていただき、撮影のため横浜アンパンマンこどもミュージアムまで行ってきました。


横浜アンパンマンこどもミュージアムはみなとみらい線「新高島」の駅から徒歩7分の場所にあります。特にアンパンマンに興味がなかったはずなのに朝からアンパンマンのマーチを歌ったり、「アソパソマソ!アソパソマソ!」と連呼したりして到着。


ものすごく寒い上に雨が降っていたにも関わらず、館内にはたくさんのお客さんでびっくり!週末のお天気のいい日を想像したら怖くなりました。


撮影が始まるまで時間があったので、一番人気と思われるジャムおじさんパン工場で時間を潰すことにしました。


ジャムおじさんがキャラクターたちの顔を作っているという設定でどんどんアンパンマンたちの顔が焼き上がってきます。あまりのクオリティの高さにこの後の撮影のことは忘れて大騒ぎしてしまった。


店内にはカフェが併設されているので、王道のキャラを中心にランチでいただくことにしました。


カフェのドリンクにもアンパンマンの顔が書かれています。アニメを見つつ、やなせたかし先生の偉大さを語りながらモグモグ。


館内にあるものはどんなものでもアンパンマン&仲間たちが施されていました。もはやディズニーランドも目じゃない!


撮影の間は忙しかったので、待ち時間ですら写真を撮るのをすっかり忘れてしまい終了。無事に撮影が終わったあとは横浜ベイクォータ−に行ってきました。


以前、きしちゃんに教えてもらった通りベビー&キッズのお店が大充実!ユザワヤURBAN RESEARCH DOORSなんかもあったりして、何も買ってないくせにかなり楽しめました。ベビー用品のお店もあるおかげか、おむつ替えシート、授乳室、調乳専用浄水器が完備されていてレストランも子連れでまったりできました。


産後2回目のタイ料理をチャオタイでいただきました。子連れで気軽に入れるタイ料理屋さんがなかなかなか見つからないので嬉しかったです!


肝心のひよこクラブは6月15日発売(7月号)だそうです。きっと小さくしか載らないとは思いますが、廃刊にでもならない限りボツにはならないそうなので発売日が楽しみです。