子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

ふぁる父が来てた。

10月17日〜20日までの4日間、名古屋からふぁる父が遊びに来ていました。


ふぁる父が遊びに来ると必ずと言っていいほど、くだらないことで大喧嘩をするのですが、今回は平穏に4日間が過ぎました。よく頑張った自分!


そんなこんなで、この4日間は盛り沢山の日々でブログはずずっとさぼり気味だったので、おすすめスポットだけお届けします。



野毛山動物園に行ってきた。
みなとみらいのキドキドに遊びに行くついでに以前から気になっていた横浜市立野毛動物園に行ってみました。最寄り駅は日ノ出町桜木町なのですが、みなとみらいから歩いても20分くらいで行ける場所にあります。

大きな地図で見る


久しぶりの動物園にわくわく!なんと、入場料は無料です。


園内は想像以上に広々としていて、無料というのは申し訳ないほど沢山の動物を見ることができました。近くで見れる動物が多かったのも嬉しいです。


あちこちで孔雀が歩いていたのも楽しかったです。珍しい白孔雀もいました。


初めて見る孔雀に興味津々のわが子。こんなに近くで見れるなんておもしろいなー。


なぜか、こども動物園には大量のハツカネズミがいました。小さな子どもたちが平気そうにきゃーきゃー触っていたけど、私は怖くて触れませんでした。飼育員さんに「ハツカネズミとのふれあいって珍しいですよね!?」と聞いたところ、「そうですかね?」と言わたのですが、、、珍しいよね。


目の保養のひよこ。でも、これも何となく触れずでした。


この日のわが子は園内をほとんど歩いて周り、2時間ほどのよい運動にもなりました。お弁当を持ってこれば、しっかり半日は楽しめるくらいの広さなので、また桜が咲く頃になったらのんびり遊びに来てみたいと思います。



▽東京・芝 とうふ屋 うかいに行ってきた。
ふぁる父のおもてなしとmikioさんの金賞祝いを兼ねて、芝公園にあるとうふ屋 うかいでお食事をしました。

大きな地図で見る


とうふ屋うかいは東京タワーのふもとにあり、近くを通るたびにいつも気になっていたお店です。


2,000坪の敷地にはここが都心とは思えないほどの立派な日本庭園があり、山形から移築した築200年の造り酒屋を活かした建物にある個室で豆腐懐石をいただくことができます。


一見、子連れだと入りにくそうな雰囲気ですが、子ども用のメニューもあり、離乳食の持ち込みをすることもできます。トイレにはおむつ替えシートがあり、バリアフリーのテーブル席のお部屋もあるそうです。


素晴らしい日本庭園を見ながらいただくお料理は格別で、特に庭園内にある田楽処から運ばれてくる炭火で焼いた「あげ田楽」が絶品でした。


お祝いの席ということで、お店から記念写真とバラの花をプレゼントしていただきました。どうもありがとうございます!


お食事を楽しんだ後は、お庭を散歩しました。大きな鯉が泳いでいたり、季節の花や果物が沢山あったりと全員大はしゃぎでした。家にこんなお庭があったらいいなー。


こんなに非日常的でのんびりした時間を味わっているのにお庭から真上を見上げると東京タワー!ふぁる父にもmikioさんにもとっても喜んでもらえたようで企画して良かったです。