子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

大井川アプト式鉄道と紅葉の寸又峡・夢の吊り橋バスツアーに行ってきた。

今日はまめたん、みーすけ、えむこと一緒に生まれて初めてバスツアーに参加してきました。


朝の7時に東京駅に集合して出発ー!まずは今月お誕生日だったえむこにみんなからのプレゼントを渡しました。すごく悩んでゴルフウェアをプレゼントしたのですが、喜んでもらえたようで良かったです。えむこさん、おめでとう!ちなみに今回のバスツアーは私への誕生日プレゼントだったということはみんな忘れていました。こんな時くらいにしか主役になれないので覚えていてほしい。


車中ではずっとおしゃべりしっぱなしで盛り上がりました。目的地でもないのに途中の海老名サービスエリアでは全員食べ物に夢中で全く時間が足りませんでした。TVでよく話題になっているようにおいしそうなものでいっぱいでした。



バスに揺られること5時間で最初の目的地、秘境静岡県榛原郡の奥大井・寸又峡に到着しました。南アルプスの山々は紅葉がちょうど見頃でグラデーションがとても綺麗でした。


真っ赤に染まった紅葉が見事でした。今回は紅葉を楽しむのも目的のひとつだったので、みんな大喜びでした。


温泉街には雰囲気の良い旅館やお店が並んでいました。またここでも地元の山の幸を使った食べ物に目を奪われまくりでしたが、自由行動の時間が決まっているので今回は食より散策を優先しました。山菜そばと猪汁が食べたかったなぁ。


ながーいトンネルをくぐり抜け。


長さ90m、高さ8mもある「夢の吊り橋」に到着しました。吊り橋のまん中で若い女性が恋のお祈りをすると夢が叶うと言われているそうです。


最大10人までしか渡ってはいけないということで、しばらく待ってからいよいよ私たちの順番になりました。


ながーい吊り橋は1歩踏み出す度にゆらゆら揺れてスリル満点でした。


あまりの楽しさに大興奮でひょいひょい渡っていたら、後ろからきたみんなに「揺らさないでー!」と怒られました。


寸又峡の散策を楽しんだ後は大井川鉄道南アルプスあぷとラインに乗りました。レトロな車両がかわいすぎる!


奥大井の渓谷をのんびり走る車窓から見える眺めはとても素晴らしく、幸せな気持ちになるほどでした。


アプトいちしろ駅-長島ダム駅間は日本で唯一のアプト式ラックレールをつかった路線になっていて、アプト式機関車との連結作業も見ることもできました。


大井川鉄道には数年前からずっと乗りたいと思っていたので、乗ることができてとっても嬉しかったです。乗り気なのは私だけではと心配していたけど、みんなも楽しそうでよかったー。


最後は道の駅でおみやげをあれこれ買って大満足!また帰りのバスの中でも沢山おしゃべりをしながら東京に戻りました。みんな素敵なプレゼントを本当にありがとう!また一緒にどこか行こうねー。