読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

待ちに待ったはじめまして。

今年に入ってすぐにmikioさんがシリコンバレーに滞在することが決まり、不安だらけだった私に馮さんがちぎさんを紹介してくれました。


ちぎさんはエンジニアのだんな様のお仕事の都合で4年ほど前からシリコンバレーで生活されていて、ghiyo.jpでその様子をコラムとして連載されていました。


私もその読者の一人で、mikioさんが海外で仕事をしたいと漏らしていたこともあったので、「私もいつかアメリカに行くなんてこともあるのかなぁ。」とちぎさんのコラムをふと思い出しては読み返し、今回の滞在が決まったあとはさらに何度も読んでいました。


そんなシリコンバレー生活大先輩のちぎさんにお会いできる日がくるとは思ってもみなかったので、数日前からちょっとどきどきそわそわしながらこの日を楽しみにしていました。


事前にお互いの目印を教え合っていたので、待ち合わせ場所ではすぐに「あっ!」とわかりました。ちぎさんが「日本から帰ってきたばかりだけど日本食が食べたいんです!」ということだったので、またもや京割烹 波浪に行きました。


昨日の夜、お店の方たちに「明後日帰るので今日が最後なんです!」とお礼を言って帰ったのにまた来たので笑われてしまいましたが、いつもよりさらに沢山わが子に話しかけてもらえて嬉しかったです。最後の最後までごちそうさまでした!


ちぎさんとはネット上でやりとりを重ねていたこともあり、「会ったらこれを話そう!あれを聞こう!」と思っていたので、ランチやデザートを食べるよりもおしゃべりをすることに忙しかったです。デザートを食べに行ったGelato Classicoで店員のおじさまが大サービスで激盛りにしてくれたアイスもおしゃべりしている間にどんどん融けて大変でした。


食べながら&わが子を制御しながらのおしゃべりは忙しかったので、結局Eagle Parkでわが子を放ってのんびりおしゃべりをしました。私のマシンガントークに呆れ気味だったわが子も大好きな公園に来れて満足そうでした。


帰国前日なので「少しだけ」のつもりが話は尽きず、なんだかんだで5時間近く遊んでもらいました。シリコンバレー生活の最後の最後でちぎさんにお会いすることができて、大充実の締めくくりとなりました。ちぎさん、今日は本当にありがとうございましたー。これからもよろしくお願いします!