子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

わが子の時差ぼけによる寝不足が6日目に突入した。

ぱったり更新が途絶えてしまいましたが、わが子の時差ぼけが全く治らずばてておりました。


前回の時差ぼけ期間は4日間、その時は夜中に起きて徘徊するもののご機嫌だったので「ありゃりゃ‥」とにこやかに対応できました。しかし、今回は夜中にわたしを叩いたり蹴ったりしながらぎゃん泣きで起き、「お外行く!」「お茶飲む!」「電気つける!」などとこちらが返事をする間もないくらい立て続けに要求をし、それを聞かないとさらに発狂する始末。それがだいたい毎日2時間ほど、わが子が疲れ果てるまで続き、今日で6日目に突入しました。


夜は辛い毎日が続いているけど、日中はシリコンバレーの透き通るような青い空と沢山の緑を見るだけで元気が出てきます。まだまだ真夏のように日差しが厳しいけど、湿度が低くとても過ごしやすい気候なので寝不足が解消されればそれも楽しめるはず!


もう一つの元気のもとはお友達や家族と過ごす一時です。時差ぼけ中だからどこにも出かけないという訳にもいかないので、毎日どこかしらにお出かけしています。前回の滞在で沢山の方とお友達になれたので、今回は最初から沢山のお友達と遊んでもらうことが出来てとても充実しています。みなさん、本当にありがとうございます!


正直、連日の深夜の大騒ぎに体力的にも精神的にも限界で「日本に帰ろうかな。」とか「来なければ良かった。」と今日は朝ご飯を食べながら泣いてしまうほど落ち込んでいたのですが、そんな荒れている私を心配したお友達が電話をくれて色々話を聞いてもらいとっても救われました。「ふぁるさん、それ妊婦脳!」っていわれたけど、確かにそうかもしれない‥いや、このマイナス思考っぷりはまさにそうだな。


お昼寝をさせない、就寝時間を遅めにしてみる、お昼にめーいっぱい遊ばせてみる、日光を浴びる時間を長くしてみるなどできそうな時差ぼけ対策をあれこれ試みたもののどれも効果がなかったので、今日からは頑張らずに起床時間だけを保ってあとはわが子のペースで一緒に過ごしてみることにしました。こちらの空気に合わせてのんびりいこー。来週には笑い話になるといいな。