読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

登園時に泣かなくなってきた。

やーーーーーっと夏生さんが登園時に泣かずにばいばいできるようになってきました。うっすら気がついていたけど、悪かったのは私の対応です。


どんなにテンション高めでお見送りしててもだめ。「今日も頑張ったね!」とご褒美にお菓子作ってもだめ。泣かずに行けるようにお守りを作ってもだめ。などなど、何をやっても効果がないのでついにある日の夜に私が大爆発してしまいました。


夏生さんに本気で爆発したのは2度目です。「行きたくないなら行かなくてもいい!先生に辞めるって電話する!」「今日は一人で寝なさい!」と勢いよく寝室のドアを閉めてからは「あー、やっちまったーーーーー!」と一人で反省会。ちょうど断乳2日目で精神的にも身体的にもいっぱいいっぱいだったのもあり、猛烈に悲しい気持ちで一晩過ごしました。一度怒り出してしまうと、あとに引けない性格って損だなぁ‥


夏生さんが毎朝「おうちで遊びたい!」「お母さんがいい!」と泣叫んでいたのは、恐らく自分だけ連れて行かれていることに「自分がいない方が都合が良いのでは」と感じていたからなのではないかと思います。そもそもそどうして行かせたいのか、行きたくないなら無理に行かせる必要はないんじゃないか、本当に辞めてしまおうかな、と考えれば、考えるほど悲しくなりました。


翌朝、夏生さんの顔を見るなり私はボロボロ泣いてしまいました。そして、今まで思っていたことを全部話しました。最後に「もう今日からは行かなくてもいいよ。ごめんね。」と私が言うと、「お母さん、ごめんね。なっちゃんはこども園行きたいよ。」と夏生さんが言いました。


私に気を遣って無理しているのではと何度も確認したけど、「こども園好きだよ。」というので連れて行くと全く泣かずにばいばいすることができました。今までは心の中で「泣きませんように。」と思ってる自分がいて、妙にテンション高めに明るく振る舞っていたけど、そのことに夏生さんは気づいていたのかもしれません。


1度だけちょこっと泣いてしまった日もあったけど、10日間ほど泣かずにばいばいできています。泣かずにお別れできると私も一日素直に楽しむ事ができるので、やっと新生活のリズムが整えられてきた感じがします。また明日からも素直な気持ちで夏生さんに接していきたいと思います。自分も一緒に成長しよう!