子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

子連れでボルダリングに行ってきた。

金曜日の夜にボルダリングに初挑戦したところ、めちゃくちゃおもしろかったので、週末にも家族揃って行ってみました。ボルダリングとはフリークライミングの一種で、2m〜4mくらいの岩や石をロープなどの道具を使わずに登るスポーツのことです。


私たちが訪れたのは、渋谷のボルダリングスタジオPEKIPEKIです。ここには子供(3歳〜)専用の子供ボルダリング広場があり、赤ちゃん連れでも利用することができます。小学生以下の利用料金は曜日や時間に関わらず¥500です。子供だけが楽しむ場合、同伴の大人は無料です。幼児用のクライミングシューズはなく、学校のような上履きのような靴を履きます。レンタルシューズのサイズは15cm〜です。


近所のお花屋さんにあるボルダリングスペースでよく遊んでいる夏生さんですが、本格的なスタジオに来るのは初めて!ルールを守って登れるか心配していたけど、使うホールド(壁についている石みたいなもの)や登る順番も守っていました。ルールや注意事項はスタッフの方が事前に説明してくれます。


一度ゴールまでたどり着いた夏生さんは、「もう一回登る!」と何度も繰り返し登っていました。その気持ちわかるなー!ゴールまで辿り着いた時の達成感が気持ちいいのです。私はこの達成感がやみつきになってしまい、朝起きてすぐに「あー、登りたい!」と思っているほどです。


子供ボルダリング広場のホールドは一部動物の形になっています。一番簡単な初級コースは動物の形のものだけを使うので、「ふくろうさんに手を伸ばしてー!」「へびさんまで届いたね!頑張ったねー。」などと、小さな子のやる気がでそうな誘導ができます。


子供ボルダリング広場と同じ階にラウンジとトイレがあります。トイレには子供用の小さな便器もありました。無料で小さなドリンク缶とバナナ、ゆで卵がもらえるので家からおやつを持って行かなくても済むので助かります。


mikioさんも私もしっかりボルダリングを楽しんできました。mikioさんははりきって最初から一つ上の急のコースに挑戦して前半でかなりばてていましたが、最終的には私より先のコースまで進んでいました。くやしいなー。


まだチャレンジできない春生さんはみんなが登る様子を楽しそうに見学していました。ちょうどお昼寝の時間だったので、その時はmikioさんと交代で抱っこすることになってしまったけど、自分たちの休憩がてらちょうどよかった感じです。夏生さんもmikioさんもボルダリングを気に入ってくれたようなので、家族共通の趣味が増えました。また近々登りに行こう!