子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

思う存分ぞうとふれあえる、市原ぞうの国に行ってきた。

ゴールデンウィークに千葉の房総半島に旅行に行ってきたのですが、その際に訪れた市原ぞうの国が予想以上に楽しめたので、その時の様子をお伝えします。海の仲間たちを見るのもいいけど、ぞうもいい!


絶対に外せないのがぞうさんショーです。一日に数回しか行われないので事前にぞうさんショースケジュールをチェックして行くのが良いと思います。


のっしのっしと登場したのは、大きなアジアゾウです。それを操るのは、ぞう使いの本場タイからやってきたぞう使いのみなさん!


ショーの内容も本格的で、思わず「ぎゃーっ!」と声をあげてしまうほどの技を繰り広げてくれます。ぞうとの信頼関係がしっかりできてるんだなー。


耳飾りをつけている小さめのぞうは、日本初の自然保育(母ぞう による子育て)で育っているゆめ花ちゃんです。絵や文字を書いたりすることもでき、近々個展を開く予定もあるそうです。この日に書いてくれたのは桜の木。過去の作品も色々展示されていましたが、ぞうが書いたとは思えないくらい素晴らしいものばかりでした。


ぞうによるぞうグッズの物販もありました。ぞうにお金を渡すと商品を取ってきてくれます。アイドルみたいだなー。熱心に通っているファンの方もいるようです。


ぞうたちとふれあうことのできる時間もありました。夏生さんはぞうの鼻につかまることができて大喜び!うらやましく見ていたのですが、最後にえさをあげることができる時間があり、その時はぞうに触り放題でした。初めてぞうに触ることができて感動です。この日はチケットが完売していてできませんでしたが、ぞう乗ったりすることもできます。


出番が終わり、ぞう舎に帰って行くぞうたち。柵などの無い道を普通に歩いていて大迫力でした。こんな光景、日本で見れるのはここしか無いかもしれない!


ぞうの他にも沢山の動物たちを見ることができました。ラクダ、カバ、アルパカ、カワウソなどなど‥ 約100種類の動物を間近に見ることができました。こちらも触ろうと思えば触れたのですが、春夏生さんがまねしてしまいそうだったのでぐっと我慢しました。これほど沢山の動物たちを間近で見られる場所はなかなか無いので、動物好きの方にはぜひともおすすめです!