子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

小麦粉にダニがわくことを知ってから小麦粉が恐い。

みなさんは小麦粉にダニがわくということを知っていましたか?私はつい先日まで知りませんでした‥ 今まで食べていた小麦粉にダニが入っていたことがあったかもしれないと想像するだけでゾクゾクしてきます!!!!

 

ヒバリ舎のミエさんとキッチンの荷物を片付けている時、ミエさんに「この小麦粉って封開いてますか?」と聞かれたので「あっ、開いてます!」と答えると、「小麦粉は冷蔵庫に入れた方がいいですよ。ダニがわくので。」と言われました。

 

「えええええええ!?」と叫ぶ私にミエさんはにっこり微笑んで「 ”小麦粉 ダニ”で検索してみるといいですよ。」と言うので、すぐに荷造りを中断して調べてみるとこんな恐ろしい情報が!!!!小麦粉にまみれたダニは小麦粉と見分けがつきにくいので気がつかないことが多いそうです。ということは、小麦粉だと思っていたもののほとんどがダニに入れ替わっていてもおかしくない!!!!もうだめだ‥ 粉類に入っていたダニが原因で喘息や蕁麻疹などのアレルギー症状を引き起こすこともあるそうです。

 

 

開封後の粉製品は早めの消費を!|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

 

繁殖の条件とは

私たちの身の回りにはダニが生息していますが、ダニはえさもぐる場所・温湿度の条件がそろうと繁殖します。

  1. えさ
    カビ、人のあか、食べ物などをえさとしています。でんぷんやタンパク質、旨み成分等を含むお好み焼き粉やホットケーキミックスはダニの格好のえさとなります。
  2. もぐる場所
    家庭内では畳やじゅうたんなどに多く生息すると言われているように、狭くてもぐることができる場所を好みます。こうした場所は卵を産むのに適していてダニが住みやすくなっています。
  3. 温度・湿度
    温度は25~30℃、湿度は60~80%を好みます。適度な温度と湿度のある台所は、ダニが発生しやすい環境となっています。

袋の中にも入り込めるの?

ダニは体長が0.3~0.5ミリメートルと非常に小さいため、開封した袋にわずかな隙間さえあれば侵入することができます。家庭で保存されていた粉製品を検査したところ、開封部分を折り曲げて、輪ゴム、クリップで閉じたものや、密閉容器に保存していたものからもダニが検出されました

袋の中に入り込んだダニは、繁殖の条件がそろえば、短期間のうちに繁殖していきます。未開封のミックス粉と未開封の薄力粉にダニを添加して培養したところ、培養後6週間でミックス粉3品目ともにダニ数が薄力粉に比べ増加傾向を認め、1品目は有意に増加していました。

 

 

もちろんその話を聞いてすぐに小麦粉を捨てました。同じく常温で保存していた片栗粉なども捨てました。今まで使っていた限りではダニがわいているようには見えなかったけど、検索した情報の中で「小麦粉が動いているように見えたのでよく見たら‥」いう話まで見てしまったので改めて袋の中を確認することもできませんでした。それからというものスーパーなどで小麦粉が目に入るたびに憂鬱な気持ちになっています。今度から粉類は冷蔵庫に入れよう!

f:id:fal725:20150611135939j:plain