読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

これぞ究極のチャーハン!「新橋 チャーハン王 肉Bar」で思わず唸る絶品チャーハンに出会った。

「チャーハン王」、その名前を見た時からずっと気になっていたお店についに行ってきました。場所的に気軽に「チャーハン食べにいこっと〜。」という場所ではなかったので、誘ってくれた友人に感謝です。

 

場所は虎ノ門駅から徒歩2分ほどのところにある霞ヶ関ビルディングの1階にあります。ビルの構造上少し迷ってしまいそうな場所にあるのですが、無事に1階に辿り着ければもう大丈夫!この大きなのれんが目印です。

f:id:fal725:20160113200234j:plain

 

まずは飲み物から!とメニューを渡されたところで気になったのは「キリン一番搾りの男気1リッター メガジョッキ」です。どれくらい大きなものか見てみたいけど、あまりお酒の飲めない私は頼むことができず、誰かが頼んでくれることに期待しました。

f:id:fal725:20160113201052j:plain

 

期待通り運ばれてきたメガジョッキ、その大きさに歓声があがりました。でかっ!!!でも、iPhoneとの比較じゃわかりにくい。

f:id:fal725:20160113201355j:plain

 

顔の大きさと比べてみたらわかりやすい!顔がすっぽり隠れてしまうほどの大きさです。

f:id:fal725:20160113201422j:plain

 

そして、次々にお料理が運ばれてきました。お肉が大好きな私は、「肉だー!肉だー!ー!肉だー!」とお肉を食べられることに大興奮で、もうあの存在をすっかり忘れていました。どれもこれも、おいしかったけど、あれには勝てない!!!

f:id:fal725:20160113202158j:plain

f:id:fal725:20160113202901j:plain

f:id:fal725:20160113203901j:plain

f:id:fal725:20160113211048j:plain

f:id:fal725:20160113212700j:plain

f:id:fal725:20160113220459j:plain

 

そう、それはチャーハンです!このお店は「肉Bar」であり「チャーハン王」でもあるのでした。お店の方に「では、このあとはチャーハンをお持ちします。」と告げられた時、私はかなりお腹いっぱいで「わ、忘れてた!ここはチャーハン王だった!!!でも、この後にチャーハンはきついな‥」と思っていました。あんなに食べてみたかったチャーハンも、満腹では受け入れられそうにありません。

 

しかし、運ばれてきたチャーハンを一口食べると、その気持ちは一瞬で変わりました。満腹なはずなのに「もっと食べたい!!!」と思わせてくれる味だったのです。私の中に「チャーハンは別腹」という言葉が生まれました。まずは、ガーリックチャーハンです。家では絶対にマネできないぱらぱらっとしたご飯に、あめ色になるまで炒めたタマネギ、赤身のステーキ、青ネギがたっぷり!一口食べた瞬間に、にんにくの風味が口いっぱいに広がりました。噛めば噛むほど甘さがましてきたのだけど、あの甘さは何だったんだろう!? ご飯の甘みだったのかな‥ とにかく今までにないおいしさでした。

f:id:fal725:20160113221410j:plain

 

続いては、極上チャーハン!見た目はごくごく普通のチャーハンなのに、さきほど食べた豪華なガーリックチャーハンに負けないお味なのです。その一粒一粒がおいしすぎる!!!「チャーハンってこんなにおいしい食べ物だったっけ!?」とハッとさせられました。さすがチャーハン王。写真を取り忘れてしまいましたが、テーブルにある特製ダレをかけて食べるのがおすすめです!

f:id:fal725:20160113223918j:plain

 

「あぁ!こんなにおいしいチャーハンがあったなんて‥」と余韻に浸りつつ、最後にオーナーさんのお話を伺いました。妥協せず最高の材料と調味料を使い、調理法も徹底的にこだわっているそうです。チャーハンの具材の仕込みには3日間もかけているとか!内装にもさりげないこだわりがあって、ランプシェードが本物の中華鍋で作られていました。これほどまでにチャーハンにこだわったお店は他にないのではないでしょうか。あー、思い出すたびにまた食べたくなるあのチャーハンの味!ぜひまた訪れたいと思います。

f:id:fal725:20160113230131j:plain

次にいつチャーハン王に行けるかわからず悲しい気持ちになっていたところ、あさこ食堂のあさこさんがチャーハンのレシピを紹介してくれていました。いつもわが家では適当なオリジナルチャーハンばかりだけど、たまにはちゃんとしたレシピを見て作ってみよう!

冷蔵庫にあるものでパパっとチャーハン

asacokitchen.com

 

▼一緒にチャーハン王に訪れたお友達の記事です。チャーハン王のことをもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

bloggingfrom.tv

 

sakaki0214.hatenablog.jp