子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

遊びながら、図形や幾何学に強くなる!ポリドロンがやってきた。

夏休みに入る少し前、夏生さんの小学校で区の学力テストが行われました。全体的な点数は悪くはなかったのですが、形についての問題が少し苦手なようだったので何か楽しく学習できる知育ツールがないかと探してみることにしました。

 

まず最初に思いついたのは、磁石の入ったブロックです。よく利用している室内遊び場のキドキドに置かれているマグフォーマーが以前から気になっていたので、そちらを購入しようかなと考え始めました。しかし、後々パーツを増やすことを考えるとなかなかのお値段になってしまうので、すぐに購入する気にはなりませんでした。

 

後日、マグフォーマーと同じような作りで少しお手頃なものも見つけました。収納ケース付きだったり、観覧車や車を作るためのパーツもあったりして、なかなか良さそう!しかし、「そこそこの収納スペースが必要なこと」と、「大きな作品を作ろうとした場合に崩れてしまいそう」という点が気になってしまい、再び検討してみることにしました。

Magplayer(マグプレイヤー) 基本収納ケースセット 88ピース

Magplayer(マグプレイヤー) 基本収納ケースセット 88ピース

 

 

そして、数日間悩みに悩んで辿り着いたのがこちら!東京書籍のポリドロンという立体パズルです。学校の算数や数学の図形の授業のために発明・開発されたもので、実際に学校の授業などで使用されているそうです。

f:id:fal725:20170706070919j:plain

www.tokyo-shoseki.co.jp

 

まずは基本セットを購入してみました。100ピースほどあったのですが、厚みが無いため小さな箱にコンパクトに収まっています。これならちょっとしたスペースにも収納できて便利!

f:id:fal725:20170706070952j:plain

 

届いた日から夢中で立体を作り始めた春夏生さん。ピース同士をパチパチとはめ込んでいくだけなので、小さな子供でも扱いやすく、簡単に様々な立体を作ることができます。

f:id:fal725:20170706072911j:plain

f:id:fal725:20170706073650j:plain

 

こちらが期待していた以上のハマりっぷりで、翌日にはこんな作品を作っていました。そして夜には「ポリドロンが足りないよー!もっと作りたい!」と騒ぎだしたので、私たち夫婦は悩んだ末に追加のパーツをあっさり購入してしまいました。特別な日でもないのにおもちゃを買うというのはあまり乗り気がしません‥

f:id:fal725:20170707074837j:plain

 

けれど、購入から1ヶ月ほど経った今は、「あのとき買っておいて良かった!!!」と感じています。パーツが増えたことにより、驚くような作品を作り上げられるようになりました。子供たち以上にmikioさんがハマってくれたので、誰か一番かっこいい作品を作ることができるか、毎日3人で競争しています。

f:id:fal725:20170802084144j:plain

 

寝かしつけが終った後、みんなの作った作品を見るのが私のちょっとした楽しみになっています。こんなに夢中になって遊んでくれているなら、きっと自然に空間把握力が身についてくれるはず!これからも楽しみながら成長できるツールを沢山見つけていきたいと思います。

f:id:fal725:20170807213315j:plain

ポリドロン 基本セット

ポリドロン 基本セット