子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

やっと出会えた、ヂェン先生の日常着。

おしゃれカテゴリを作ったくせに、おしゃれの話をほとんどしないまま3年も経ってしまいました。

 

一昨年にダイエットをしてからというものずっと洋服ジプシーになっていました。ほとんどの洋服がぶかぶかになった上に、ここ数年どんな洋服を着たいのか何が欲しいのか迷走し続けていたので、たまに無難な感じのデザインのものを買うだけで済ませていました。

 

スポーツウェアだけはお気に入りが見つかって、adidas by Stella McCartneyにハマっています。あちこち見に行く時間がないので、ここで買えば間違い無いというところがあるだけで安心します。なかなかなお値段がするのですが、アディダス オンライショップで定期的に行われるタイムセールで30〜50%くらいで購入できるので、すぐに欲しいもの以外はそのタイミングを狙っています。タイムセールはかなりお得なので、気になる方はぜひメルマガに登録することをおすすめします。登録すると事前にお知らせが届きます。

www.stellamccartney.com

 

きっと育児に追われる多くの人たちがファッションに疎くなってくるのではないでしょうか?私の場合、たまにおしゃれなお母さんを見ると眩しすぎて直視できません。「あぁなりたいなぁ」と思っても面倒臭がりなので、「これは汚れると困るな。また今度着よう」「スカートが履きたいけど、面倒だからパンツにしよう」などと言い訳をして、しょっちゅうだらしない格好で過ごしています。

 

最近では、昔からの友人たちに会うと「ジーパン履いてるなんて…」「もうおしゃれに興味ないの?おしゃれはした方がいいよ」などと言われたり、夏生さんには「お母さんっていつも同じような格好してるよね」と言われる始末… このままじゃまずい!というわけで、久しぶりに一人で過ごす時間ができた週末に着たい洋服を探してみることにしました。

 

訪れたのは、渋谷ヒカリエの中にあるCLASKA Gallery & Shop "DO" です。学芸大学に本店があり、たまに一人でちらっと覗いては心の中で「かわいいー!ほしいー!」を連呼しているお店です。ヒカリエ店の方はお向かいにTODAY'S SPECIALもあって、短い時間立ち寄るだけでも幸せな気分にさせてくれます。

www.claskashop.com

 

店内に入ってすぐに目に留まったのは明るい色の洋服たち。気になるけど、もう冒険する勇気も無くなっていて、「どうせ似合わないだろうなー」と思って素通りしました。しかし、店内を3周ほど回った後、それでも最初に見た洋服が気になったので思い切って試着してみることにしました。するとどうでしょう!なんと似合わないと思っていた洋服が、妙にしっくりくるのです。他の人が見たらおかしいかもしれないけれど、自分的にはすごくいい!これは買わないと後悔するやつだ!と、思い切って購入することにしました。

 

店員さんにその洋服について詳しく聞くと、なんと昨年からネットで見かけては前から気になっていたブランドのものでした。その名も「ヂェン先生の日常着」です。デザイナーのヂェンさんは台湾の方で、ひとつひとつ台湾のアトリエで作られているそうです。台湾らしい華やかな色合いと肌触りにこだわった麻のスカートは、「毎日でも履きたい!」と思わせてくれるくらい着心地の良いものでした。

 

そんなわけで、連れて帰ってきたスカートたち。色違いで同じものを買うなんて何年ぶりだろう!クローゼットに並んでいるだけで元気が出そうです。洗濯してもサッと着られそうだし、旅行にも持っていけそうだし、面倒臭がりな私にぴったり!

f:id:fal725:20180416090606j:plain

 

勢いづいて、カットソーやサンダルなども買ってきてしまいました。着たい洋服があるというだけで、こんなにウキウキとした気持ちになるなんて!早く夏が来てほしいー。できることならこの洋服を着て、また台湾に行きたい!ヂェン先生のアトリエにも行ってみたい!これからは、おしゃれができない言い訳をせず、本当に気に入ったものだけを少しずつ増やしていきたいです。

f:id:fal725:20180416091839j:plain

 

ついでにもう一つおすすめしたいブランドがこちら!KINOTTOです。こちらもCLASKAにありました。 シンプルだけど他にないデザインや色合いで、ヂェン先生の日常着との相性も抜群!着心地もよく、縫製もしっかりしていて長く愛用できそうです。次回、おしゃれの話をするのはいつになるでしょうか?3年後?4年後?そうならないようにまた書こう!

www.kinotto.jp