子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

子連れ石垣島で絶対リピートしたい!一押しのおすすめスポットをまとめてみた。

八重山諸島の旅、5〜7日目は石垣島で過ごしました。9年ぶりの石垣島、子連れではフェリーへの乗り換えでしか訪れたことがなかったので、初めて子連れならではのスポットでがっつり遊んできました。そんな中でも、親子で最高に楽しめたおすすめスポットをお届けします。

 

ベタな観光名所も一通り回ったものの子供たちには不評でした。ベンチで寝転がったり、砂浜に落書きをしたり、やどかりで遊んだり… 親の説明などほとんど聞いていませんでした。「早く行こうー!」と何度言われたことか!

f:id:fal725:20180730090429j:plain

f:id:fal725:20180730091904j:plain

f:id:fal725:20180731094623j:plain

f:id:fal725:20180730091607j:plain

 

バンナ公園 こども広場

子供たちが間違いなく喜ぶのが「公園」という言葉です。旅先でも「公園はないの?」と聞いてくるわが家のこどもたちは今回も公園がないか気にしていました。普通の公園に行っても親が退屈しそうなので、特別な公園に行こうと目をつけたのが「バンナ公園」でした。

 

石垣島の中央に位置するバンナ公園はバンナ岳にあります。標高230mから見る景色はとても素晴らしく癒されます。バンナ公園内には様々な施設があるのですが、中でも一押しがこども広場です。夏は日中かなり気温が上がるため、午前中早い時間に訪れるのが良いでしょうf:id:fal725:20180729094114j:plain

 

広い敷地内には幼児から大人まで身体を使って遊べる遊具がいっぱい!

f:id:fal725:20180729101537j:plain

f:id:fal725:20180729102019j:plain

 

驚くほどながーい滑り台とひろーい滑り台。こんなに大きなものがいくつもあるのは珍しいのではないでしょうか。

f:id:fal725:20180729094744j:plain

f:id:fal725:20180729100202j:plain

 

行列に並ばずとも何度でも滑り放題の長い滑り台に親子で大盛り上がりでした。立派なクライミングウォールもあります。

f:id:fal725:20180729100640j:plain

f:id:fal725:20180729100916j:plain

 

休憩スペースは大きな屋根付きで、一休みにぴったりです。トイレ、自動販売機があります。ここから広場全体を見渡すことができるので、あちこち移動せずに子供たちを見守ることができます。大人はちょっとのんびり、子供はがっつり動き回りたい時におすすめです!

f:id:fal725:20180729102049j:plain

f:id:fal725:20180729101808j:plain

okiryoku.org

 

バンナ公園 世界の昆虫館

同じくバンナ公園内にある「世界の昆虫館」です。バンナ公園内にはとにかく沢山の施設があるのでどこに行くか悩んでいたのですが、偶然出会った公園内のガイドさんに「昆虫館は行った方がいいよ!」と言われて訪れてみました。

f:id:fal725:20180729115603j:plain

 

中に入ると世界の昆虫の標本が所狭しと飾られていました。

f:id:fal725:20180729121503j:plain

 

目の前を何か飛んで行ったので、「はっ!」と天井を見上げてみると、なんとそこには日本最大級の蝶オオゴマダラが止まっていました。

f:id:fal725:20180729114615j:plain

 

さらに驚いたのがこの館内で羽化したものでした。金色に輝く蛹さなぎも見られて感動!図鑑で見た通り、本当にピカピカに輝いてるー!その他にも沢山の生きた昆虫に会うことができます。生きたヘラクレスオオカブトも初めて見ました。

f:id:fal725:20180729115015j:plain

f:id:fal725:20180729114827j:plain
f:id:fal725:20180729115757j:plain

f:id:fal725:20180729122109j:plain

f:id:fal725:20180729120017j:plain

 

館長さん自ら館内の説明をしてくれました。展示されている虫を捕まえた時のエピソードなど貴重はお話を聞くこともできました。

f:id:fal725:20180729121434j:plain

 

館内は広くないものの工夫されている展示が多く、スタッフの方たちのお話も面白いので何時間でもいられそうでした。実際に夏休みなどにはお弁当と飲み物を持って一日中ここにいる子供もいるそうです。昆虫好きで無くとも引き込まれてしまうくらい魅力的な場所でした。

f:id:fal725:20180729122425j:plain

f:id:fal725:20180729121057j:plain

f:id:fal725:20180729115511j:plain

 

昆虫館を出ようとした時、館長さんが「蝶が何百匹も見られるいい場所がありますよ」と教えてくれました。写真で上手くお伝えできないのが残念ですが、今までに見たことの無いほどの蝶を一度に見ることができました。昆虫館を出てすぐの場所なので、気になる方はぜひ聞いてみてください!気温が上がりすぎると蝶の数が減ってしまうので、暑い時期は早めの時間に訪問するのが良いそうです。

f:id:fal725:20180729123802j:plain

f:id:fal725:20180729123350j:plain

konchukan.isigaki.info

 

フサキリゾートヴィレッジ ビーチ&ガーデン

最もおすすめしたいのがこちら!今年リニューアルしたばかりの「フサキリゾートヴィレッジ ビーチ&ガーデン」です。丸一日いても物足りないくらい親子ではしゃげる場所でした。

f:id:fal725:20180730095829j:plain

 

フサキリゾートヴィレッジはリゾートホテルなのですが、宿泊者以外もビーチやプール利用できます。プールエリアは有料です。プールエリア「アクアガーデン」内にあるビーチステーションで料金を支払うと目印のリストバンドをもらえます。

f:id:fal725:20180730110525j:plain

 

美しい夕日が見られることで有名なフサキビーチ。リゾートホテル内ということで、とても綺麗に整備されています。遠浅で海の透明度も高く、子連れでも安心して快適に過ごせます。

f:id:fal725:20180730104653j:plain

f:id:fal725:20180730102741j:plain

 

マリンアクテビティも豊富でフライボート、SUP、クリアカヤック、ドラゴンボートなど様々なマリンスポーツに挑戦できます。大きなエリアを網で囲っているので、子連れでも安心してシュノーケリングできました。網で囲われている分、お魚の数には期待していなかったけれど、叫び声を上げてしまうほど大きな魚や魚の群れを見ることができました。

f:id:fal725:20180730104720j:plain

 

水中で巨大な巻貝を見つけてかなり盛り上がりました。どうやらマガキガイとやらだったのですが、ものすごく怖い目があってびっくり!!!!宇宙人からやってきたのではないかと思うくらい珍しい貝でした。写真に収めれなくて残念です。お時間のある方はぜひ画像検索を。

f:id:fal725:20180730133112j:plain

 

お目当のプールエリア「アクアガーデン」は2018年6月に完成したばかりです。3つのプールが連なっていて、その周りにビーチチェアとパラソルが囲うように設置されているので、家族それぞれ思い思いに過ごすことができます。

f:id:fal725:20180730105745j:plain

f:id:fal725:20180730101914j:plain

 

大人数でも利用できるテーブルとソファーもあります。すぐお隣にはビーチバーもあり、お酒、おつまみ、デザートなど頂きながらゆったり休憩することもできます。

f:id:fal725:20180730110402j:plain

f:id:fal725:20180730105949j:plain

f:id:fal725:20180730110233j:plain

 

託児所「AYAPANI」もあります。料金は30分¥540で、最大連続4時間まで利用できます。マリンスポーツ好きのお母さんたちには嬉しいだろうなー。ライブカメラが設置されていて、スマホやタブレットからリアルタイムで子供の様子を確認できるそうです。

f:id:fal725:20180730121203j:plain

f:id:fal725:20180730121039j:plain

f:id:fal725:20180730121135j:plain

 

そして、私たちがここにやってきた最大の目的がこれ!「スプラッシュガーデン」です。海外から輸入されたプール用の遊具で、あちこちに細かい工夫が凝らされていてかなり遊べます。日頃なかなか体験できない出来事の数々に大人も子供も大騒ぎでした。

f:id:fal725:20180730100327j:plain

f:id:fal725:20180730103644j:plain

f:id:fal725:20180730103626j:plain

f:id:fal725:20180730103214j:plain

f:id:fal725:20180730103737j:plain

f:id:fal725:20180730141219j:plain

f:id:fal725:20180730104345j:plain

 

水着のまま食事できるスペースもあります。この日は朝からまるっと1日ここで過ごす予定だったのですが、あっという間に夕方に!「また八重山諸島巡りをするなら、最終日は絶対にフサキリゾートヴィレッジに行きたい!」と思えるくらいに親子で大満足でした。

f:id:fal725:20180730120040j:plain

f:id:fal725:20180730114905j:plain

f:id:fal725:20180730115424j:plain

www.fusaki.com

 

マグロ専門居酒屋 ひとし 石敢當店 

最後に一押しの美味しいもの情報を。最終夜に訪れた「マグロ専門店 ひとし 石敢當店」は石垣島に行ったらぜひとも訪れて欲しいお店です。滞在中に1度しか訪問できなかったことを後悔したほど良いお店でした。

f:id:fal725:20180730180731j:plain

 

こちらのお店では、新鮮な海の幸はもちろん、石垣牛を頂くこともできます。特におすすめは刺身の盛り合わせ、石垣牛のにぎり、うにソーメンチャンプル、地魚の煮付けあたりかな?とにかくどれを頼んでもハズレはなさそうなくらいのボリュームと美味しさです。あまりのおいしさにお腹がいっぱいになった後も何品か注文してしまったほどでした。

f:id:fal725:20180730183007j:plain

f:id:fal725:20180730193624j:plain

f:id:fal725:20180730183302j:plain

f:id:fal725:20180730183912j:plain

 

さらに嬉しいのはその安さです。子供たちが何を食べたいと言っても「高いから他のものにしよう…」という必要が無いのです。家族で4人贅沢なメニューを思う存分食べて、大人はお酒も何杯か飲んで、それでもお会計は¥10,000以下!相当な人気店らしく、「電話が壊れてるんじゃない!?」と思うほど繋がらないのですが、これは頑張る価値があります。私は5ヶ月ほど前に予約を取りました。次回は滞在中に2回は行けるようにしたいなぁ。

f:id:fal725:20180730195459j:plain

www.tripadvisor.jp

 

というわけで、子連れ石垣島で絶対リピートしたいおすすめスポットをお届けしました。書こう書こうと思いつつ、旅が終わってからもう1ヶ月以上も経ってたー!すっかり秋めいてきてるー!そろそろまた妄想旅行に出かけて、次の旅の計画を立てたいと思います。今度はどこに行こうかな。f:id:fal725:20180731114054j:plain