読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

渋谷ヒカリエの赤ちゃん休憩室「スイッチ・リビング」が便利すぎる。

今日は久しぶりの平日家族デー!のはずが、mikioさんが健康診断があるのをすっかり忘れていて、途中ぽっかり母子のみタイムが出来てしまいました。せっかくなので、4月26日にオープンした渋谷ヒカリエに行ってきました。


しかし、着いて早々に人の多さに疲れてしまったのでほとんどの時間をショッピングゾーンShinQsのB2Fにあるスイッチ・リビングという赤ちゃん休憩室で過ごしてしまいました。ここの居心地がとっても良いのです。


すぐ隣には多目的トイレとキッズトイレがあります。たまに授乳室とトイレの場所が離れていて大変な思いをすることがあるのですぐ隣にあるのは助かります。


入るとすぐにベンチシートとスツールのある休憩スペースになっていて、ミルクや離乳食をあげたりすることができます。ミルクを作るための給湯機、離乳食を温めるための電子レンジもあります。


ヒカリエ内にカレルチャペックが入っているからか、やまだうたこさんの絵本が沢山置いてありました。春生さんに授乳している間の夏生さんの暇つぶしに大活躍!


おむつ替えシートには身長を計れる目盛が描かれています。身体の下に敷くためのペーパーシートとおむつを捨てるためのビニール袋も設置されています。


珍しい立ったままおむつを替えられるシート。こちらも壁には目盛りが描かれていて、立てば自然に身長が測れるようになっています。


体重計もあったので1ヶ月ぶりくらいに春生さんの身長と体重を測る事ができました。測定結果は身長約60cm、体重5.7kg、やっぱり生後2ヶ月にしては大きかったです。横にちらっと映っているのは離乳食用のベビーチェアです。


床にこんなことが書いてあったのでなんだろうとその場所に立ってみると‥。


視力検査までできるようになっていました。


おむつの自動販売機。テープ型のMとLがありました。渋谷でおむつを売ってる場所ってなかなか思い浮かばないので嬉しいです。


「なんかいい匂いがするなー。」とくんくんしていたらこんなプレートがありました。出産してからというものアロマオイルなど楽しむ時間はなかったので嬉しいです。ヒーリング系の音楽も流れていて外の騒がしさを忘れることができました。


授乳室は個室が2ヶ所、オープンスベースのベンチシートとプチパウダースペースがあります。


一番驚いたのは個室の授乳室のこれ!インターネットできるタブレット端末が設置されていました。授乳しながら壁のタブレットを操作するのってかなり難しい気がするけど、履歴をちょこっと拝見したところみなさんfacebookやらYoutube、ヒカリエ内のショップ情報なんかを見ているようです。


スイッチ・リビングでゆっくり過ごせたおかげで人疲れも抜けたので、その後はうきうきとお買い物を楽しめました。数ヶ月ぶりに洋服も買って大満足!また渋谷で子連れ休憩したい時にはぜひヒカリエに立ち寄ろうと思います。


と、せっかくの平日家族デーだったのにスイッチ・リビングの話ばかりしてしまいましたが、mikioさんにお休みを取ってもらったのは六本木ヒルズ内にある森アーツセンターギャラリーで開催されているONE PIECE展に行きたかったからです。連載が長過ぎて私は読むのを途中挫折組ですが、それでも充分楽しめました!特に映像系の展示が素晴らしく裸眼3Dの迫力は感動ものです。入り口付近から撮影NGだったので写真はこれだけ。たまたまふでばこをもらったのをきっかけに夏生さんもONE PIECEが大好きです。


同じく六本木ヒルズスカイデッキで開催されているウォルト・ディズニー生誕110周年記念 スカイ・ドリームも目的だったのですが、こちらは昼にはあまり楽しめない展示でちょっとがっかり。ライトアップがメインのようなので夜に行くのが良さそうです。夏生さん的には昼でも全く問題なさそうだったけど、クリスマスまでやってるからまた行ってみよう!


ランチはまたまた図々しくもmikioさんの職場の社食におじゃましました。夏生さんはmikioさんの職場が大好きなので「行くよー!」と行った瞬間からハイテンションでした。まぁ、職場が好きというか、社食が好きなんだろうと思いますが‥ 今回もごちそうさまでした。


人疲れしたのをオンライン上でぼやいていたら、まっちゃんが「遊びにおいでよ。」と誘ってくれたのでお言葉に甘えて最後は家族揃ってまっちゃんのオフィスにちょこっとお邪魔しました。数年ぶりにkazeburoさんにも会えて良かったー!六本木や渋谷の人の多さには疲れるけど、訪れると何かしらわくわくすることがあって楽しいです。