子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

世代交代を考えて、子供たちにもブログを書いてもらうことにした。

突然ですが、今後たまにブログの記事を子供たちに書いてもらうことにしました。誰が書いたかわかる様、タイトル部分に【夏生 6歳】、【春生 3歳】という感じで名前を付けておきますのでよろしくお願いします。

 

なぜそんなことを言い出したかというと、今日の朝に夏生さんが私のブログを読んでいて「なっちゃんも書いてみたい。」と言ったからです。PCに触れる機会は多いので簡単な操作はできるけど、まだ文字入力ができないのでそのうちタイピングを教えてあげないとなと考えていたところで、「それなら好きなことをやらせてあげて自然に覚えてもらえばいいじゃない!」と思ったからです。ちなみに私は20歳くらいの頃にICQやりたさにPCを購入し、夜な夜な友人たちとチャットしたおかげでブラインドタッチが自然と身に付きました。

f:id:fal725:20151013220330j:plain

 

その話をfacebookに投稿してみたところ、インターネットと子供たちの関わり方に興味津々の馮さんがコメントをくれたので、夏生さんに返信を書いてもらいました。PCではまだ入力できないのでiPhoneを使っての入力です。夏生さんに投稿を書いてもらったことはあるけれど、コメントのやりとりをしてもらったのは初めてで、横から見ていてなんだか不思議な感覚になりました。「そのうち子供たちもSNSとかやりだしちゃうんだよなぁ‥」という、何年後かに起こると思っていたことが今日やってきてしまったのです。私のアカウントだし、相手は馮さんなので全く心配がないのですが、ネットリテラシーが高い人に育ってほしい!これからの時代そうなってくれないと大変なことになる!とネトオタな母は心配です。

f:id:fal725:20151013213629j:plain

f:id:fal725:20151013213700j:plain

 

昔、タイピングゲームが流行ったことを思い出して、幼児向けのタイピングゲームがないかと探してみたらこんなサービスがありました。なぜか懐かしさを感じる会社が多いのは気のせいでしょうか。

azby.fmworld.net

kids.nifty.com

kids.goo.ne.jp

 

FMVキッズ内の説明にはぐっときてしまいました。自分が子供になったつもりで読むとわくわくしてきますね。わりと早くキー入力ができる自分がカッコいい気すらしてきてしまいます。書いた人は天才なんじゃなかろうか。

すごいスピードでキーをたたいて文字を入力するお兄さんや、お姉さんは、カッコいいよね。手元を見ずにキー入力することを“タッチタイピング”って言うんだ。

あこがれのタッチタイピングができるように、“めざせ!タイピングマスター”で練習してみよう!

タイピングは、誰(だれ)でも練習すればするほどうまくなる。タイピング練習で、どんどん練習していこう。
そして、タイピングになれてきたら、“うでだめしレベルチェック”や“タイピング技能検定(ぎのうけんてい)”で、自分のチカラを試してみよう。

 

そんなわけで、春夏生さんにタイピングゲームに挑戦してもらったところ、これが大好評でした。ひらがなはまだほとんどわからない春生さんですが、アルファベットは読めるので表示されたアルファベットを必死に探してキーを押していました。夏生さんは予想以上の早さで馴れていたので、すぐにキーの位置は覚えそうな感じがします。年明けにはどれくらい上手くなってるか見ものだなー。

f:id:fal725:20151013095845j:plain

f:id:fal725:20151013100148j:plain

 

馮さんと夏生のやりとりに出てきた「鍋、つつこ。」とは、馮さんが運営している鍋に関する情報ブログです。おいしいお店はもちろん、鍋に関するイベントやグッズの紹介など、鍋に関する情報が満載のブログです。これからの季節特に役立ちそうですねー。いつか本当に夏生さんがレポーターしてたら面白いな。

nabe22.co