読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

なかなか落ち着かないここ4日間のあれこれ。最大の課題はご飯作りです。

海外生活

どたばたでシリコンバレーにやってきて4日が経ちました。


昨日までわが子の時差ぼけが治らず、生活リズムがめちゃくちゃでした。寝かしつけに2時間近くかかってやっと寝てくれた思ったら、しばらくするとぎゃーっと泣いて起きて、その後全く眠らなかったりと大変でした。やっと今夜は日本と同じ21時頃からぱたっと眠り続けていてくれて一安心です。


平日はmikioさんが仕事でいないので、まずはお散歩がてら少しずつ行動範囲を広げて行く努力をしています。mikioさんにアパートの入り口は階段しかないと聞いていたけど、スロープを発見しました!これがあると無いとじゃお出かけの頻度が変わります。


アパートからすぐのところにはEagle ParkとPioneer Parkという2つの公園があり、ちょっとわが子を遊びにつれて行くにはとても便利です。


Eagle Parkには滑り台が4つもあるので、滑り台が大好きなわが子は大喜びです。ぐねぐねした形の滑り台もあって大人が滑ってもなかなかスリリングで楽しめます。ちなみにアメリカでは頻繁に誘拐が起こるらしく、子供が目の前にいても一瞬でも目を離すことはとても危険だそうです。怖いなぁ。


Pioneer Parkには図書館がありました。入ろうか迷っていたら、通りがかりの韓国人のおばさまが声をかけてくれて「おもちゃや本が沢山あるわよ!私が案内してあげるわ!!」と案内してくれました。


おばさまの案内により訪れた部屋には絵本やおもちゃがいっぱいありました。私たちを案内するとおばさまは「Enjoy!」と去って行きました。その後も見知らぬお子様に英語で絵本の読み聞かせをしてもらったりと初の図書館は大充実でした。


ブックカートを押すのに夢中なわが子に付き合って館内を散歩をしてみると、他にも子供向けのDVDやCDを見つけたので次回は色々借りてみたいと思います。


少しですが図書館の前に桜の木がありました。今年は日本でお花見ができないのが残念だったので満開になるのが楽しみです。


日本でもお世話になりまくりなスタバには今のところ毎日お世話になっています。とりあえず知っている店なのでと安心して入ってしまう。


よく言われるようにアメリカは車社会で、ペーパードライバーの私にはちょっと辛い物があります。幸いアパートからダウンタウンまでは徒歩ですぐなので平日にちょっとしたお買い物やふらふらするには退屈はしなさそうですが、ダウンタウンを外れると人通りがぐっと少なくなって、大きな道路に車がビュンビュン!国際免許は持ってきたけど、自分で運転する気にはなれません。


最大の課題はご飯作りになりそうです。アメリカはとにかくなんでもでかい!でかいにもほどがある!超食いしん坊なわたしがスーパーに行って商品を見ているだけでお腹いっぱいです。


アメリカでは週末にどっさり買い込んで平日に消費するのが一般的だそうですが、わが家では平日はmikioさんが三食とも会社の食堂で済ませてしまうので、アメリカンサイズで買ってしまうと全く消費できる気がしません。日系スーパーの利用をメインにしないと冷蔵庫の中が大変なことになりそうです。


そして、解決策がなく大問題なのがコンロ!アメリカでは電気コンロが主流らしいのですが、これがものすごく使いにくいのです。蚊取り線香型のやつなんていつぶりに見ただろう。


調理温度と時間のコントロールパネル。温度は10段階あるけどいまいちどれがどれくらいなのかよくわからないので、無難に5を中火と考えて使っています。タイマーはまだ使ってません。


スープを作ってお鍋を焦がしてしまい、ホットケーキを作ったら変な焼きむらが‥2回に1回は何かしら失敗していて、昨日の夜は泣いてしまうほど悲しくなってしまいました。いつもなら滅多にこんなことないのに!家族にまともなご飯が作ってあげられないなんてー。


お鍋を焦がした、ホットケーキが上手く焼けない、程度だけならいいのですが、今夜は信じられない出来事が起こりました。「お鍋でご飯を炊いてみよう!」とお鍋を電気コンロにかけてしばらくしたら「バリン!!!」と爆音がして、振り返ったら鍋が爆発していました。ガラス製のお鍋だったので、キッチン周りにはガラスの破片がばらばら。ご飯は一瞬にしておこげになっていました。てか、これ耐熱ガラスじゃないの!?なんなの!!!ケガしなくってよかった!


あまりの衝撃的な出来事に全く料理をする気がなくなってしまい、今夜は近くのトルコ料理屋さんで買って済ませてしまいました。味に癖があったのでわが子はほとんど手をつけずで申し訳なかったです。明日のご飯はどうなることやらです。


来る前は一番言葉の心配をしていましたが、その点は今のところなんとかなっていて少し安心しました。非ネイティブの方が多いエリアらしく色々な国の人がいて、片言でもなんとか理解してくれる&わかりやすく話してくれようとしてくれて助かります。そして、あらゆる国の人が私たち親子に気さくに声をかけてくれてます。


こちらでも日本の地震の情報が飛び交っているので、多くの人たちが「大変だったよね。家族や友達は大丈夫?」と心配をしてくれています。たまたま本屋さんの幼児書コーナーで知り合った子育て中の日本人ママさんには「こんな時だし色々不安もあるでしょう!何か困ったらいつでも声をかけて下さいね!」と連絡先までいただいてしまいました。


地震のことが心配でどうしても暗い気持ちになってしまいがちなので、今は人と接することができる時間が本当にありがたいです。これからもできるだけ毎日あちこち出かけて世界を広げる努力をしたいと思います。