読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

Filoli Estate & GardeとRancho San Antonioに行ってきた。

前日が夏生さんの誕生日で盛り沢山だったので、翌日はまったり過ごしました。なんだか思い出の場所巡りしていることが多いけど、またまた懐かしいFiloli Estate& GardeRancho San Antonioに行きました。


以前、Filoli Estate & Gardensに訪れたのは春でした。どの季節に来ても良いと聞いていたけど、夏のお庭もお花がいっぱいでとても素敵でした。


敷地が広すぎるために今回初めて気がついたこともありました。お庭のど真ん中にあるこのお部屋、お花の香りを楽しむために作られた部屋のようです。匂いをお届けできないのが残念なくらいいい香り!!!さらにそこにうたた寝できそうなソファーもあって休憩するのに最適な場所でした。


春夏生さんと一緒にのんびりウロウロ‥ 大人はお花の美しさに感動していたけど、春夏生さんは石ころや落ちている木の実に夢中でした。一緒に楽しめるのはもうちょっと大きくなってからかなー。


邸宅内もレイアウトに変化があり楽しめました。私が一番好きな壁画の綺麗な大広間はピアノ演奏していた関係で奥まで入れなくなっていたけど、ピアニストの方が春夏生さんのためにトイストーリーのオープニング曲「You've Got A Friend In Me」を演奏してくれました。こんな場所で自分たちのためだけに演奏してもらえたなんて贅沢すぎる!


続いて、Rancho San Antonioに行きました。「夏生さんが途中で疲れると困る」とmikioさんが春生さんを抱っこ、夏生さんを肩車でトレッキングをしました。私はらくちん。


しかし、頑張って歩いたにも関わらず、最終目的地の牧場はお休みでした。一番張り切っていたmikioさんのがっかり具合もすごかったけど、金網越しにやぎたちに話しかける春夏生さんの後ろ姿も寂しそうです。


途中で鹿やリスを見つけて、「鹿さんだよ!」、「リスさんだよ!」と盛り上げるもシカを見たのは一瞬だったし、リスはどこにでもいるしと、ちょこっと残念な感じの締めくくりになりました。先週のナパヴァレーに引続き、下調べが足りず反省です。