読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

良い顔になって帰ってきた夏生さん。

今週末、夏生さんは再び長野に行っていました。碑文谷公園こども動物広場のポニーキャンプです。こども動物広場のキャンプに参加するのは初めてでしたが、主催はハーモニィセンター、行き先は蓼科ポニー牧場ということで、今まで何度も参加しているキャンプとほとんど変らないため、安心して送り出すことができました。

 

いつもならお迎えの時に泣いている夏生さんですが、今回のお迎えではなぜか泣いていませんでした。私が「スタッフにちゃんとあいさつしてから帰ろうね!」言うと、夏生さんは愛想なく「もう早く帰ろうよ!」と言いました。疲れているのかな?と思いつつも、スタッフのみなさんにあいさつをしないことに納得がいかなったので、夏生さんを抱っこしてスタッフのみなさんの元に行くと泣き出してしまいました。

 

どうやら本当は泣きそうになっていたのをずっと我慢していたそうです。それを見て驚いたスタッフの方や子供たちがやさしく声をかけてくれたのですが、夏生さんはさらに悲しい気持ちになってしまったらしく、しばらくの間泣いていました。

 

私は「泣きたい時には泣いてもいいと思うよ。それで気持ちが伝わることもあるんだよ。」と言ったものの、モヤモヤしながら春夏生さんを乗せた自転車を漕いで家に帰りました。そして、家に着いて明るいところで夏生さんを見てびっくり!とっても良い顔になっていたのです。

 

このまぶしい笑顔!充実していたんだな、成長したんだな、というのが一目でわかります。「なにその顔!? 良い顔すぎてまぶしい!」と言いながらパシャパシャ写真を撮っていると、夏生さんに「なにー?どうせまたネットにあげて、ハーモニィセンターのスタッフに見せるんでしょ。」と言われてしまいました。そうだよ!そうだよ!だって、嬉しいじゃないか!そのあと、ゆっくりお風呂に入って食事をして、キャンプでの出来事を沢山教えてもらいました。夏生さんが眠った後、寝顔を見てみると、これまた良い寝顔でした。

f:id:fal725:20170115210045j:plain

 

夏生さんがいない間、mikioさんと私は春生さんとの時間を楽しんでいました。夏生さんがいないことで春生さんが成長したと感じることも多く、お互いにとって良い時間です。今回は春生さんの大好きなお台場と駒沢公園に行ってきました。初めて3人だけでしゃぶしゃぶしたのも楽しかったなー。いつか春生さんがキャンプに行くようになって、夏生さんと3人だけで過せるようになるもの待ち遠しいです!

f:id:fal725:20170115205926j:image