子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

公園全体がイサム・ノグチ作品!自然とアートを満喫できるモエレ沼公園に行ってきた。

夏休みの北海道旅行、4日目は翌日朝早いことことを考慮して近場で過ごしました。

 

まずはさっぽろ羊ヶ丘展望台へ。札幌に来たら子供たちに教えておかなければと思っていた北海道開拓の父クラーク博士像を見に行きました。あいにく雨がぱらついていましたが、夏休みイベントが行われていたので、謎解きやラベンダースティックとポプリ作りをしたりして楽しく過ごすことができました。同じ敷地内にあるさっぽろ雪まつり資料館は札幌初心者必見です。

f:id:fal725:20190727102201j:plain

 

f:id:fal725:20190815142437j:image
f:id:fal725:20190815142412j:image

www.hitsujigaoka.jp

 

午後からのお天気は晴れの予報だったので、外でおもいっきり遊ぼうとモエレ沼公園に向かいました。モエレ沼公園は約189ヘクタールもある広い公園です。基本設計を建築家のイサム・ノグチさんが手がけたというだけあって、園内全てが芸術作品のようです。有名なガラスのピラミッドはテレビや雑誌で見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。
f:id:fal725:20190815142447j:image

 

イサム・ノグチ全く知らない春夏生さん。でも、このガラスのピラミッドだけは「教科書に載ってた!」と知っていました。小学校の算数の教科書に載っているようです。

f:id:fal725:20190815142400j:image

 

エレベーターもガラス張り。中にはレストラン、ギャラリーなどがあり、ダンスや音楽のイベントが行われたりもするそうです。最上階には公園が一望できる展望台もありました。

f:id:fal725:20190815142421j:image

 

f:id:fal725:20190815142417j:image

 

夏休み期間のみ前庭で15分おきにミスト噴水が行われています。時間になるとどこからともなく子供たちが集まってきてみんな大興奮でした。
f:id:fal725:20190815142452j:image

 

とてつもなく広い公園内。歩いて回ろうと思うと大変なことになりそうです。私たちは園内でレンタサイクルを借りて行動しました。
f:id:fal725:20190815141846j:image

 

どれくらい広いかなかなか伝わらないと思いますが、例えば子供たちが「あそこに行きたい!」と行って走り出すと、あっという間に豆粒のようになってしまいます。写真中央より左よりに春生さんと夏生さんの2人がいるのがみえるでしょうか?

f:id:fal725:20190815142459j:image

 

「と、遠いー!待ってー!!!!!」とやっと追いついたその場所には美しい光景が広がっていました。普段感じることができないような心地よい風と、北海道らしい広大な景色。気持ちよすぎるー!

f:id:fal725:20190815142428j:image

 

と、感動したのもつかの間、春夏生さんはまたちょろちょろ動いて、あっという間に豆粒のようになっていました。追いかける気が起きない… ここはモエレ山という場所で、冬にはスキーやソリもできるそうです。

f:id:fal725:20190815142503j:image

 

レンタサイクルがあれば園内を全て見られるだろうという考えは甘く、半分ほどしか回ることができませんでした。広すぎて半日じゃ時間が足りない!桜の森という場所にはイサム・ノグチがデザインした124基の遊具があるらしく、そこは絶対行きたかったのに辿り着けず残念です。中途半端なレポートになってしまい恐縮ですが、ここは間違いなく札幌のナンバーワンおすすめスポットなのではないでしょうか。ここだけのためにまた札幌に行きたいほどです。
f:id:fal725:20190815142403j:image

moerenumapark.jp