子連れでウロウロ… fal::diary

てろてろ書いてます。コメントはお気軽にどうぞ!個人的なご連絡はhatsuki.h@gmail.comにお願いします。

宝石探し体験が熱い!「奇石博物館」に行ってきた。

春休み前直前に行った富士宮旅行。以前にお届けした「富士花鳥園」以外にも面白いスポットが沢山ありました。今回はそのうちの一つ「奇石博物館」の様子をお届けします。

 

奇石博物館は世界中の珍しい石を集めた博物館です。石の博物館なんて今まで聞いたことがなかったので、どんなところだろうとわくわく。

f:id:fal725:20190322085128j:plain

 

中に入ると巨大な天然石がお出迎えしてくれます。しかも、どれも触り放題!春生さんが触っているのはアメジスト。こうやって実際に触れることによって強く印象に残るのでなかなか勉強になります。

f:id:fal725:20190321163747j:plain

 

こちらは黄鉄鉱。一部の石は持ち上げることもできます。

f:id:fal725:20190321163711j:plain

 

解説コーナーもありました。通常はケース内に展示されている貴重な石に触れることができます。

f:id:fal725:20190321163929j:plain

 

ぐにゃぐにゃ曲がるこんにゃく石。砂石同士が繋がっている間に微妙に隙間があることによって曲がるそうです。力を入れるとバキッと折れそうなぐらいぐにゃっとしていました。

f:id:fal725:20190321163730j:plain

 

文字や絵が浮き上がって見えるテレビ石。その見え方がブラウン管テレビに似ていることから、テレビ石という名前がついたそうです。

f:id:fal725:20190321163851j:plain

 

動物や昆虫の化石も展示されています。恐竜の化石もあり、男の子たちはそちらに夢中でした。

f:id:fal725:20190321163719j:plain

f:id:fal725:20190321163735j:plain

f:id:fal725:20190321163751j:plain

f:id:fal725:20190321163824j:plain

f:id:fal725:20190321163916j:plain

 

春生さんは豚肉にそっくりな猪豚石に食い付いていました。さすが私に似て食いしん坊。それにしても本物そっくりです。

f:id:fal725:20190321163724j:plain

 

こんなかわいい石もありました。切ったスイカにそっくり!これがあちこちに落ちてたらいたらいいのになー。

f:id:fal725:20190321163910j:plain

 

うんこドリルブームの流れか、「石になったウンコ」たちなる展示もありました。周囲にいた子供たちはその言葉を聞くだけで、うひゃうひゃと喜んでいました。子供はみんな好きなんだなぁ。

f:id:fal725:20190321163904j:plain

f:id:fal725:20190321163841j:plain

f:id:fal725:20190321164135j:plain

f:id:fal725:20190321163923j:plain

 

こんなところに来てまでも本を見つけると読書を始めてしまう春夏生さん。放っておくと時間を忘れていつまでも読んでいるので、「いいところがあるよー!」と再び外に連れ出しました。

f:id:fal725:20190321164115j:plain

 

そのいいところとは、宝石探し体験です。外出先で綺麗な石を見つけては宝物にしている春夏生さんは大喜びで挑戦しました。

f:id:fal725:20190322090757j:plain

 

利用料は¥500、30分の制限時間中に見つけたものは全てを持ち帰ることができます。この石たちの他にアルファベットが書かれたブロックも隠れていて、それらを見つけた場合には、ダイヤモンド、サファイヤ、エメラルドなどの高価な石と交換してもらえます。

f:id:fal725:20190321163742j:plain

 

「宝石取り放題」の言葉に目の色を変えている人たち。そう言う私もかなり必死に探しました。砂利の中に隠れているのでなかなかの体力が必要で終わる頃にはやりきった感でいっぱいでした。こんなに必死になったのはいつぶりだろう。

f:id:fal725:20190321163857j:plain

 

私は30分でこんなに沢山の宝石を発見しました。9歳の夏生さんは同じくらい、7歳の春生さんは砂利を掘り返すのに少し手こずり気味でこの半分くらいの量でした。雑貨屋さんなどで売られている天然石の値段を考えるとかなりのお得感があります。

f:id:fal725:20190322100022j:plain

 

宝石の一覧表も貰えたので、帰ってから宝石ごとに分ける作業もしました。おかげで宝石の名前と特徴を覚えられました。大粒のものはアクセサリー作りに使えそうなので、何か作って子供たちにプレゼントするつもりです。喜んでくれるかなー。

f:id:fal725:20190411222823j:image

 

▼奇石博物館の公式サイトはこちらです。実は宝石探し体験のあまりの面白さに2日連続で行ってしまいました。宝石探しをするなら、人が少なくまだ発掘が進んでいない朝一番に行くのがおすすめです!

www.kiseki-jp.com